低排出ガス車の車のマフラー交換したら

低排出ガス車の車のマフラーを社外品の排気効率のいいマフラーに交換したら、低排出ガスは効き目はなくなるのでしょうか?例えば星四つの車が社外品のマフラーに交換したら?星三つに落ちたりするのでしょうか?最近環境に敏感になりマフラーを社外品に交換して低排出ガスにならないなら、純正マフラーのままにしようと思っています。

クルマの排気装置はエンジンから「エキマニ」→「触媒」→「タイコ(消音装置)」→「マフラーカッター(排出口)」という順序を通っています。

一般的にマフラー交換する場合はこのうち「触媒」より後ろの部分を交換することを言います。
有害物質を除去するのは「触媒」が担っていますので、おそらく排出ガスに対する効果はあまり変化はないように思います。
ただ低排出ガス車に関しては乗ったことも詳しく見てみたことがないので何とも言えません。
心配でしたら購入先かメーカーに質問することをお勧めします。

●低排出ガス車の車のマフラーを社外品の排気効率のいいマフラーに交換したら、低排出ガスは効き目はなくなるのでしょうか?
→効き目がなくなる事はありません。
*触媒を通る、燃料が燃えた後の成分はほぼ同じだからです。
●例えば星四つの車が社外品のマフラーに交換したら?星三つに落ちたりするのでしょうか?
→しません。
*心配なら社外品ではなく、その車のアクセサリーカタログに載っているオプションのマフラーに交換しましょう。
*特にNA(ターボでない)エンジンのマフラーを、排気効率のいいマフラーに換えると(排圧を低くすると)、オーバーラップ時(インレットバルブとエキゾーストバルブが両方開いている時)に未燃焼ガス(燃料)が排気されやすくなり、触媒へいい影響は与えません。
・・・が、保安基準適合品のマフラーでしたら、車検に通らない程排ガスが悪化する事はありません。
●余談
今の車は非常に緻密に計算されて設計されているので、マフラーを社外品に交換すると逆にパワーダウンする場合もあるので、排気音と見た目のみが目的な場合を除いて、純正のまま使用するのが1番ですよ。
*私は見た目だけ目的に、純正のマフラーのエンドパイプ(リアバンパーから見える部分)のみ根元から数cm残して切断し、極太のパイプを溶接し取り付けました。
これなら排気音は静かなままで見た目だけ良くなり、排ガスへの影響も全くありません。


クロームメッキ マフラーカッター


自動車ドレスアップ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。